acpi=off から maxcpus=1 に変更。

ACPIを有効にするとブラックアウトしてしまい起動しなかったMacBook 5,2だが、 このバグの件一歩前進したよう で、grubのオプションを

  • acpi=off
  • nosmp
  • maxcpus=1

のいずれかにすれば起動出来るようになったらしい [1] 。以前、HackCafeでmaxcpus=1を設定してもダメだったので、これはかなり期待大。ということで/etc/default/grubを早速変更してみた。

$ cd /etc/default
$ sudo git diff
diff --git a/default/grub b/default/grub
index 1ab62e9..ce041b5 100644
--- a/default/grub
+++ b/default/grub
@@ -4,8 +4,7 @@ GRUB_DEFAULT=0
 GRUB_TIMEOUT=5
 GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
 GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet"
-#GRUB_CMDLINE_LINUX="acpi=off quiet"
-GRUB_CMDLINE_LINUX="acpi=off"
+GRUB_CMDLINE_LINUX="maxcpus=1"

 # Uncomment to disable graphical terminal (grub-pc only)
 #GRUB_TERMINAL=console

で、/boot/grub.d/grub.cfgを更新。

$ sudo update-grub2

再起動してみたら、無事起動。そして予想通り、ACPIがちゃんと機能するようになった!

$ cat /proc/acpi/ac_adapter/ADP1/state
state:                   on-line
$ cat /proc/acpi/battery/BAT0/info
present:                 yes
design capacity:         50200 mWh
last full capacity:      51440 mWh
battery technology:      rechargeable
design voltage:          10950 mV
design capacity warning: 250 mWh
design capacity low:     100 mWh
capacity granularity 1:  10 mWh
capacity granularity 2:  10 mWh
model number:            ASMB016
serial number:
battery type:            LION016
OEM info:                SMPN016

そして、shutdown してもちゃんと電源が切れる!これでshutdown後に電源ボタンを押して電源を切らなければあかん状況や、バッテリー駆動していて残り時間が分からんとかいう状況から開放される。

ところで、maxcpus=1にしてcoreを1個しか使えないんじゃcore 2 duoの意味が無いんじゃね?というツッコミもあるかもしれない。ここはそれ、acpi=offにしていた段階から既にCPUは1個しか認識されていないから、現時点では良いのだ。ノートPCでACPIの機能が使えないことの方がよっぽど辛い。

何はともあれ良かった良かった。 [2]

Footnotes

[1]BTSのスレッドのタイトルが変更されていたので気づいた。
[2]まぁ、自分は利用するだけで何もしてないけどな。