アプライアンス無しでLPAR間での負荷分散構成できるかも。

今日、東京駅行く前にヨドバシカメラで買った『24時間365日 サーバ/インフラを支える技術』は大正解。めっちゃ勉強になる。知らなかったOSSを使えば、z/LinuxのみでLPAR間でも負荷分散構成出来そうだな。TSAだとActive-Standby構成しかできないから非常にまどろっこしかったんだよな…。問題は次の3つだな…。

  • SLES10のkernelでIPVSの機能がデフォルトで使えるのか?
  • SLES10のパッケージにipvsadmやkeepalivedが含まれているか?
  • 社内の抵抗勢力を説得できるか。

オーバーヘッドも気になるが、TSAより若干上がる程度だと思うが。

この日記見た関係者の中の有志が自主的に懸念点を調べて、検証してくれていたら良いけどなぁ…。( ̄ー ̄)