カーネル読書会行ってきた。

初めてカーネル読書会へ行ってきた [1] 。定時に上がりでも新橋駅まで一時間強。やっぱ今の職場は遠いし不便だな。

会の雰囲気はDebian勉強会に似ているなと感じた。昨年のOSCの時はかなり年齢層が高いなと思ったが今日はそうでもなかったなぁ。仮想化友の会やDebian勉強会などでの知り合いが7、8人いたのもあるかな。

今回のお題のLinux Fault Injection、仕組みの話や他の人の突っ込みは分からんところがあったので、とりあえず明日Linuxカーネル2.6解読室で復習しとこ。エラーを意図的に起こさせるという考え方はよく分かった。エラー処理でエラーを発生させるのは難しい、それをテストさせるのはもっと難しいと仰っていたが、それはよく分かる。三鷹にいた時にshell scriptとexpectで作ったメールのサービス監視の仕組みで、テストではどうやっても出なかったエラーが本番稼働し始めてからでて、誤検知して困ったことがあったし。意図的にエラー出せたらやっぱテストの品質は上げられるよな~。面白そうだから自宅のマシンで有効にして遊んでみよ。KVM/QEMUで試してみるかな。

懇親会ではテイラーさんから、C#のネタの経緯を聞く。話しを聞いて納得。今度はOSCで話してくれるのでは。彼女に似てる似てると言われるタカ&トシのトシに、ここでも似ていると言われた。そんなに似ているのか…。orz タカに似ているのを探して、オープンソース界のタカ&トシとして「欧米か?!」に代わるGeekネタを、とか言われた。(–;) 最後に吉岡さんと名刺交換をして頂いた。社内でやってる勉強会は主催しているので自分のやりたいようにできるわけだし、頂いたアドバイスを参考に、続けてみるべ。

………おおっ、肝心のこと忘れてた。YLUGのMLに参加しておこ。

[1]正確には昨年の春のOSCの出張カーネル読書会には行った事があるのだけど。