PDFにパスワードを設定し制限を加える。

会社のPCではPDFに閲覧用のパスワードも設定できないので、外部に送るときにはzipでパスワードを設定する、という手段を取るしかないので、なんか無いかなぁとDebianパッケージを調べてみたら、qpdfというのを見つけた。

インストールは qpdf を指定してインストールするだけ。

$ sudo apt-get install qpdf

使い方はコマンドラインで行うのでとても便利。

$ qpdf --encrypt user-password owner-password 128 \
> --print=none --modify=none --extract=n --accessibility=n
> --use-aes=y -- original.pdf encrypted.pdf

original.pdfに元のPDFを、encrypted.pdfに生成するPDFのファイル名を指定する。 --encrypt オプションは、

--encrypt `user-password` `owner-password` `key-length` --

となる。それ以外の設定は鍵長によって使えるものが決まる。

上記は128bitで暗号化している。なお、他の制限を加えるオプションは、key-lengthと–との間に記述する。

  • --print=none 印刷不可
  • --modify=none 編集不可
  • --extract=n 図やテキストの抽出不可
  • --accessibiliry=n 視覚障害者へのアクセシビリティを許可しない
  • --use-aes=y PDF自体をAESで暗号化する

40bitだと出来ないこともあるので要注意。