Changed to JetDrive 420

普段プライベートではMacBookPro 8,2 [1] でVirtualBox上で、Debian GNU/Sidを使っています。購入時に128GB SSDに変更したのですが、パッケージメンテナンスしたり、コード書いたり、家計簿つけたりしているSidだけで90GB-100GBくらい使っていて、そろそろ容量増やしたいなと思っていたら、今年の春にTranscendから JetDrive が出ました。

出た当初はまだ高いなぁ、と思って様子見していましたが、最近チェックしたら 480GBのJetDrive 420が約20%価格ダウン していたので、価格動向見て今が買いどきだな、ということで購入しました。

交換方法

一応、日本語で書かれたマニュアルも添付しているのですが、かなり端折っているので、上記の製品ページの動画を見るのがベストです。90GB弱の使用率で128GBのSSDをリストアするのに要した時間は約1時間半強でした。寝ている間か、風呂かメシ食っている間にやるのが良いですね。

私の使っているモデルのMacBookProの場合、裏蓋を開けるのには少し注意が必要でした。ネジがそれぞれ垂直ではなく、少し斜めになって止められています。気づかずに付属のドライバーでまっすぐ回そうとすると、ねじ山を潰してしまいます。また、ネジを全て外し終わっても、裏蓋自体も外しにくいので、少し隙間を開けたら、本体からまっすぐ持ち上げるのがよいでしょう。

こま毛に気をつけろ!

裏蓋を開けてびっくりしたのは、こま毛だらけだったことです!どうやって、こんな奥にまでこま毛が入ったものかというくらい、結構入り込んでいました。あ、こま毛ってのは、こまちゃん [2] の毛のことです。早朝、朝練や家計簿つけていると餌をねだりにやってきてます。定時 [3] よりも早かったら、後でね、と放置プレーしているとMacBookProの背後に回りこむ、あいつの毛です。ハンドクリーナーとガムテープで丁寧に取っておきました。

まとめ

特に技術ネタも何もないお話でした。ポイントは、「こま毛に気をつけろ!」ということです。容量増えてとりあえず一安心ですね。

Footnotes

[1]15-inch Early 2011, MC721xx/Aを英語キーボード、ノングレア液晶ディスプレイ、128GB SSD, Memory 8GBにしています。
[2]久々に登場の我が愛猫こまめさん。
[3]朝晩とも6時が餌の定時。