GitLabを導入してみた話。

ちょいと昨日、GitLabをUbuntu12.04に導入してみました。基本的には、 Install for stable version (recommended) の通りです。GitLabの現時点のstableはRuby 1.9.2を必要としますが、Ubuntu 12.04では、1.9.1どまりなので、Rubyについては、上記の手順どおりソースコードからビルドし、Ruby関連パッケージは全てGem経由でインストールしました。

一部、手順の 4. Install gitlab and configuration. Check status configuration. において、Gemに紛れて、

sudo pip install pygments

と、pygmentsをpipでインストールする手順があります。が、これはDebianパッケージがあり、バージョンの指定もないので、python-pygmentsパッケージをインストールしました。

この手順どおりに行うと、インストール後に表示されるGitリポジトリのURIのホストがlocalhostになってしまいます。インストール後に、/home/gitlab/gitlab/config/gitlab.ymlのサーバ絡みの変更すると、gitlite関連の手順がGitlab経由で行えません。gitlite絡みというのは、つまりユーザ作成後のSSHキーの登録であったり、ベアリポジトリの作成です。原因は、gitlab.yamlのホスト関連の情報をlocalhostからホスト名やIPアドレスに変更すると、インストール手順の中で行っていたgit clone先のホスト名と変わってしまうためと思われます。ですので、上記手順の CHECK: Logout & login again to apply git group to your user のうち、

sudo -u gitlab -H git clone git@localhost:gitolite-admin.git /tmp/gitolite-admin

は、localhostではなく、サーバのホスト名もしくはIPアドレスを指定し、前述の4の手順で

sudo -u gitlab cp config/gitlab.yml.example config/gitlab.yml

を行った直後に、gitlab.yamlのlocalhostの部分を変更しておく必要があると思います。「思います」と書いているのは、未確認だからです。私が実際にやったのは後からgitlab.yamlを修正した場合の手順。つまり、

  • ホストキーの再生成
$ sudo -H -u gitlab ssh-keygen -q -N '' -t rsa -f /home/gitlab/.ssh/id_rsa
  • setupの再実行
$ sudo -u git sh -c 'echo -e "PATH=\$PATH:/home/git/bin\nexport PATH" > /home/git/.profile'
$ sudo -u git -i -H /home/git/gitolite/src/gl-system-install
$ sudo cp /home/gitlab/.ssh/id_rsa.pub /home/git/gitlab.pub
$ sudo chmod 777 /home/git/gitlab.pub
$ sudo -u git -H sed -i 's/0077/0007/g' /home/git/share/gitolite/conf/example.gitolite.rc
$ sudo -u git -H sh -c "PATH=/home/git/bin:$PATH; gl-setup -q /home/git/gitlab.pub"
  • 手順4の再実行
$ sudo -u gitlab -H git clone git@repos.example.org:gitolite-admin.git /tmp/gitolite-admin
$ sudo rm -rf /tmp/gitolite-admin

を行って解決しました。ただし、「setupの再実行」のうち、gl-system-installスクリプトの実行は、下記の用にwarningが出るのでいらないかも。(これもまた未確認)

$ sudo -u git -i -H /home/git/gitolite/src/gl-system-install
-sh: 1: -e: not found
using default values for EUID=109:
/home/git/bin /home/git/share/gitolite/conf /home/git/share/gitolite/hooks

                ***** WARNING *****
/usr/bin precedes /home/git/bin in your $PATH,
and it *also* contains gl-setup.  This is almost certainly going to confuse
you or me later.

Since gl-setup MUST be run from the PATH (and not as src/gl-setup or such),
you must fix this before running gl-setup.  The simplest way is to add

    PATH=/home/git/bin:$PATH

to the end of your bashrc or similar file.  You can even simply run that
command manually each time you log in and want to run a gitolite command.

Run /home/git/gitolite/src/gl-system-install -h for a detailed usage message.

ReadOnlyでグローバルアクセスさせたいのだけど。

コードだけでなく、各種サーバのある設定ファイルの置き場として、ログインせずにHTTPでReadOnlyアクセスもできるようにしたかったのですが、Public repositories、これは今後も予定されてないみたいです。理由は、 GitLabの開発を行っている企業が目指しているのはプライベートなGitHubで、githubの競合になることは避けるためだとか 。 rejectされたみたいですが、 コメント欄での反応が割と良かったこんな pull request もあります。残念ながら導入したのがstableだったのですぐに試せず。

今回みたいな場合は Gitrious の方があってそうですねえ。見た目はGitLabの方がgithubに近いのでいいんですけどね。残念。