LaTeXでディレクトリツリーを表示する。

treeコマンドを普通に使うと、

my-first-blueprint/
|-- files
|   `-- tmp
|-- manifests
`-- templates
    `-- etc
        |-- apt
        |-- cloud
        |-- cron.d
        |-- ldap
        |-- openldap
        |   `-- cacerts
        |-- pam.d
        |-- perl
        |   `-- XML
        |       `-- SAX
        |-- security
        |-- ssh
        |-- update-notifier
        `-- xml

19 directories

と表示されますが、バッククオートがLaTeXではフォントによっては違った見え方になります。なので、

$ tree -d my-first-blueprint | sed 's/`/+/g'
my-first-blueprint/
|-- files
|   +-- tmp
|-- manifests
+-- templates
    +-- etc
        |-- apt
        |-- cloud
        |-- cron.d
        |-- ldap
        |-- openldap
        |   +-- cacerts
        |-- pam.d
        |-- perl
        |   +-- XML
        |       +-- SAX
        |-- security
        |-- ssh
        |-- update-notifier
        +-- xml

19 directories

としてやれば、lstlisting環境などで意図どおりの表示になるのですが、treeコマンド自体のオプションで指定できないんでしょうかね。

ちなみに、LANG=en_US.UTF-8になっている、Ubuntu 10.04では、treeコマンドのパス表示に使われる記号が全角の罫線になっています。

my-first-blueprint/
├── files
│  └── tmp
├── manifests
└── templates
   └── etc
          ├── apt
          ├── cloud
          ├── cron.d
          ├── ldap
          ├── openldap
          │   └── cacerts
          ├── pam.d
          ├── perl
          │   └── XML
          │       └── SAX
          ├── security
          ├── ssh
          ├── update-notifier
          └── xml

19 directories

罫線記号は全角なのでlstlistingなどの環境の中ではもれなくズレます。LANG=Cに指定すればバッククオートの形式になります。Sidではならないんですけど、何ででしょう。バージョンの違い? [1]

余談。

最初、LANG=Cすりゃええやん、と気づかず、下記のようなワンライナー書いてました。ダサ。

$ tree -d my-first-blueprint/ | sed '{
s/└─/+-/g
s/├─/+-/g
s/─/--/g
s/│/| /g
}'
[1]Lucidでは1.5.3, Sidでは1.6.0です。