Ubuntu 10.04のpdns-server 2.9.22-3ubuntu0.1がバグっている問題。

CVE-2012-0206の脆弱性のワークアラウンドでcache-ttlをデフォルト値の20から0にしていました。これがようやく修正されたので、apt-get upgradeしてみたら別のバグか。このプロセス途中にpdnsが再起動しますが、startedが標準出力に表示されたところで止まる罠。別のログインセッションでpdnsを再起動をすると元のapt-get upgradeのプロセスが正常に終了します。

Sidから持ってきてビルドするのはいいけど、アップグレードテストぐらいしてほしいですねぇ [1]

[1]このパッケージはuniverseなので。