CouchConf Tokyo参加。

朝からCouchConf Tokyoに参加してきました。

参加者50人いれば多い方だなぁと思って行ってみたら、意外にも100人くらいの参加者で満席でした。エンジニア向けのカンファレンスでしたが、スーツの方もちらほら。通常のカンファレンスよりも、かなり外国人の方の割合が高く、Couchbaseの中の人を除いても2割強くらいいました。やはり海外では注目されているんだなぁと実感しました。

管理コンソール凄い!

興味を特に持ったのは二つ。管理コンソールとMobile Syncpoint。前者は最初、Futonの拡張くらいかなぁと思っていたら大違いで、Futonでできることはもちろん、ノードの追加、リバランス、データセンター間レプリケーションの設定といった操作に加え、80種類もの統計情報をグラフ化してくれるという。バックアップやバージョンアップもリバランスで外してできるので、至れり尽くせりな印象ですね。ちなみに情報の取得や操作は全てREST API経由で行っているので、スクリプトベースで自動化しようと思えばできるとのこと。

Mobile Syncpoint熱い!

後者のMobile SyncpointはデバイスにCouchbase Serverとのレプリケーションを実現する、というところは以前公開されたCouchDB for Androidでも出来たことですが、パブリック向け、シングルユーザーで利用、マルチユーザー向け、などのいろんなレプリケーションの方法をChannelによりも実現し、受け取り側のユーザーはあくまで自身のinboxを見るだけ、という仕組みを提供するらしい。データの制御はデバイス側で行い、受信側は自分のinboxを見るだけなので複雑なセキュリティモデルが不要になるそうです。データストアは以前のようにSDカード領域にCouchDBまるごとインストールしてそこから起動するからI/O遅くて使い物にならん、ということはなく、SQLiteとJavaでネイティブアプリに書き換えたので問題ないよ、とのこと [1] 。OSSで公開しているそうなので、試して遊んでみようと思います。

Chris氏!

懇親会ではChris氏と挨拶して、少しお話出来たので行けて本当に良かったです。彼がメンテナンスもしているCouchAppは今後もちゃんとメンテナンスされるそうです。良かった良かった。

立ち上げ!

あと昨日急遽、 Couchbase JP の立ち上げが決まったそうです。CouchDBをサーバで使うにはまだ様子見だなぁと思っていた方や、サーバだけでなくモバイルデバイスまで一気通貫でやりたいと思っている人は参加してみると良いのではないでしょうか。

あざす!

面白い話をしてくださったCouchbaseの皆さん、河村さんをはじめとするスタッフの皆さん、ありがとうございました。河村さんは特にお疲れでした。

[1]iOS版はObjectiveC+なんでしょうかね。