LUMIX GF-1及びレンズのファームウェアをLinuxでアップデートする方法。

LUMIXのマイクロ一眼カメラ、マイクロフォーサーズのファームウェアはWindowsかMax OS X用のものしか提供されていない。が、案ずることはない。Max OS X用は単なるzipファイル。Windowsも自己解凍EXEなので、cabextractコマンド [1] を使えば、必要なbinファイルは抽出できるだろう。

unzipで伸長したのち、SDメモリをマウントしてbinファイルをコピーしておき、 1.4以降の手順どおり に行えば問題無し。 [2] なお、USBコネクタのカバー蓋を閉じてないと、手順にあるファームウェアのアップデート画面は表示されない。

ちなみにズームレンズのH-FS045200は今年になってから購入したので、既に最新のファームウェアにアップデートされていたので、GF-1本体と、パンケーキレンズのH-H020だけで済んだ。

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(20mm/F1.7パンケーキレンズ付属) シェルホワイト DMC-GF1C-W

Panasonic デジタルカメラオプション デジタル一眼カメラ用交換レンズ H-FS045200

[1]Debianではcabextractパッケージ。
[2]binファイルをSDメモリには複数ファイルを同時に行ってはならんようだ。