webOS 1.4.5日本語化(表示だけ)。

基本的には、 こちらのサイト を参考にさせてもらったが、localeはそのままではダメだったので下記のように実施。 [1]  ちなみに検証はpalm-emulatorで実施してから、実機で行った。シェルで操作しているのは、言わずもがなだと思うがnovatermを使う。

locale

# mount -o remount,rw /
# vi /etc/palm/locale.txt

/etc/palm/locale.txtに下記のように追記。

# diff -a locale.txtbk locale.txt
--- locale.txtbk        Tue Jun 15 03:20:56 2010
+++ locale.txt  Mon Sep  6 00:21:17 2010
@@ -42,6 +42,13 @@
                                                  {"countryName":"France", "countryCode":"fr"},
                                                  {"countryName":"Canada", "countryCode":"ca"}
                                            ]
+                 },
+                 {
+                         "languageName":"Japanese",
+                         "languageCode":"ja",
+                         "countries":[
+                                                 {"countryName":"Japan", "countryCode":"jp"}
+                                           ]
                  }
              ]
 }

終了したら、読み込み専用でリマウントし直して再起動。

region

ここ を参考に実施。P100UEU WR版のwebOS 1.4.5ではパスが少し変わる。フォーマットは、/usr/palm/frameworks/mojo/submissions/347/formats, リソースは/usr/palm/frameworks/mojo/submissions/347/resourcesになるのと、alternatechars_*_accented.json` というファイルも他の言語ではあったので、合わせてコピーしておいた。

# cd /tmp
# wget http://mini.x0.com/datetime_table.zip
# unzip datetime_table.zip
# cd /usr/palm/frameworks/mojo/submissions/347/resources/ja_jp
# mount -o remount,rw /
# cp -i /tmp/datetime_table.json .
# cd ../en_us
# cp -i alternatechars_*.json ../ja_jp/
# mount -o remount,ro /

で、再起動。

fonts

これは この まま実施。/etc/fonts/local.confの作成や、/etc/palm/{luna,browser}.confの中の設定をVL Gothicやフォントファイル名を適宜設定してみたが、いずれもダメだった。 [2] 作成し終えたら、リマウントし、再起動を忘れずに。後日、再度フォントファイルのリネームではなくて、設定でどうにかならんか検証してみる予定。

標準アプリの日本語化

Mini’s webOS Localizer を利用。 [3]

# cd /tmp
# wget http://mini.x0.com/webos/localize145.sh
# sh localize145.sh
[1]/usr/lib/luna/customizationというディレクトリ自体が存在しないので。
[2]fontconfig入っているのに実際には使ってないのだろうか?
[3]ただし、localeの設定しておかないと、日本語化されない。