CouchDB on Androidの記事あとがき。

KVMの記事以来で久々に@ITで 記事 を書きました。

CouchDB JPの活動がid:yssk22さんの転職をきっかけにずっと停滞しているのと [1] 、そもそもCouchDBって面白そうだけど、使い途難しいよね、という意見をよく見かけるので、何とかこの状況を打破するきっかけないかなぁーと思っていた訳です。そしたら、タイミングよくAndroid版がリリースされたじゃないですか!しかも自分が思っていたよりもかなり早く! [2] このチャンスは逃してはならんと、今までで最速で脱稿したのでした。

今回の記事で触れているモバイルでどこでも、というのは実は初出ではなく、id:yoheiさん、id:yssk22さん、id:z-ohnamiさんが勉強会や既出の記事で触れられています。ただ、そこに焦点を絞ったものというより、話のなかのパーツであったり、そもそもPCでの実装はあっても、スマートフォンで実際にすぐ試せる実装が無かった、というのが現状だったので、まさにうってつけのタイミングだったという訳です。

ちなみに今回、最速で脱稿できたのは、

  1. twitterでざっと検証した内容をtweet
  2. 本ブログでtweetを整理
  3. ブログを元ネタとして構成を推敲して書き下ろし

というやり方を(たまたま)取ったおかげです。ああ、こういうやり方もありだなぁと発見。

そんな訳で、今回の記事を読んだ方にCouchDBを使って何か面白いことが出来そうだと思って頂ければ、今回の記事の狙いは成功です。後半となる次回に向けて検証していますが [3] 、何か苦労話になりそうな悪寒。ム、いつかの記事と似た状況?

CouchDB JPの方では、definitive guideの翻訳も再開しそうな感じなので、興味持った方は是非MLに参加してみてください。

[1]中心人物が活動出来なくなるとコミュニティって止まるんだなぁと実感。
[2]そのうち出る、というのは知ってたのですが、もっと先、少なくとも1年以上は先だと思ってました。
[3]というか、それだけが目的では無くて、たまたま他でやろうと思っていたのと重なっているだけなんですけどね。