はじめて電子書籍といふものを買うてみたなり。

買ってみたのは、 CouchDB the Definitive Guide eBook版Damien Katz氏のブログ で、3/15限定でUS$9.99で購入できることを知りポチッとな、としてみた。知っている人は知っているのだが実はこの書籍、 Creative Commonsで公開されている し、それを元に CouchDB JPの有志により和訳もされている のだが、US$9.99ならまぁいいかと買ってみたわけだ。Creative Commonsで公開されている方の絵は手書きなのだが、さすがにO’REILLYからの出版はちゃんとイラストレータによって綺麗な絵にされてますな。

O’REILLYのeBookを購入すると、4つのフォーマットをダウンロードできる。PDF, epub, .mobi(Kindleフォーマット), .apk(Androidアプリ)の4つ。どれか一つではなく、4種類ともダウンロードできるのが良いですな。Android版をGDDJ-09 [1] にインストールして見てみたが、思ったよりも見やすい&読みやすいなというのが印象。GDDJ-09の画面だと小さすぎるから技術書を読むのには向いてないだろうと思っていたので、かなり意外。ただし、やはり液晶なので目は疲れる。バックライトやガラスの反射などで目がチカチカする。大きさよりも電子インクによる見やすさの方が確かに重要かもしれないな、とも思った。

無料で手に入れることが出来る資料を、敢えて購入したのには安い以外にも理由はある。O’REILLYのeBookの体裁などがどうなっているのか知っておきたかった。スマートフォンなどの小さい画面でのレイアウトをどうしているのかが気になっていた。今後作る資料はLaTeXからepubに徐々に移行していくか、あるいはLaTeXからepubへの変換を行っていくことになるだろうと思われるので、その時の参考にできるだろうし。

[1]HT-03Aですな。