7月度Debian勉強会に行ってきた。

ぐーぐるでの2回目のDebian勉強会。今回は前回、セルリアンタワーの地下1階ってどこだ?という問題があったので、最初から入り口の前でたむろった。気象庁が「梅雨が明けた様だ」宣言 [1] で夏真っ盛りの気候で、20分ほど日向に居ただけでちょっと焼けた。

今回はカーネルパッチパッケージとカーネルモジュールパッケージの作り方とかなり濃い内容で、kernel-moduleの方はdh_makeでオプションがあるとのことだが、カーネルパッチの方はdh_makeのサポートが無いので、Build-Dependsにdh-kpatchesを書かなければならないとか、今回の勉強会のテーマになっていなければ一子相伝的な内容のままだったのでは?という気もする。どちらもとても分かりやすくて良い資料ですね。iwamatsuさんも自身で仰っていたが、カーネルモジュールの方がよく使いそうですな。

次回以降は、”Debianを作る話”から”Debianを使う話”にしようということで、

  • Debianでの開発環境構築(RoRとか)
  • Debianでの日本語環境を簡単に整える
  • Debianでの日常生活環境。non-freeなパッケージを使わずにニコ動閲覧環境を作る

とか色々やりたいねぇ、というアイデアが出た。ワスの宿題は、

  • Debian on OBS266の話
  • ITS健保の会議室を借りる

といったこと。すぐできることはさっさとやっておきますか。

宴会は何かいろいろ盛り上がった割に何を話したのかよく覚えて居らず…。orz

TO: ohnamiさん

今回の内容を伝えずにお誘いし参加頂いたのに、置いてけぼりにしてしまった感はは否めません。ごめんなさい。これに懲りずに次回以降もぜひ参加してほしいです。

余談。帰宅後にDebian温泉の話を嫁にしてみた。多分行けそうです。今日、連絡するです。

[1]なんつー適当な宣言だ。w