1時には寝る習慣に変えることにした。

この二ヶ月、終電帰りか、早く帰宅しても二時三時まで仕事、という生活が続いていたのだが、連休直前は倒れる直前くらいまで体調が悪化していた。連休前は今週を乗り切れば落ち着く筈だったのだが、連休明け早々にまたもや今月中に提案書を提出しないといけない案件が発生。ボリューム的にまた先日と同様の生活にせざるを獲なさそうなのだが、今月末までそういう生活は厳しいし、そもそも今月乗り切ったとしても、その頃にはまた新たな案件が出てまた延長、とこのままエンドレスになる予感がしてきた。

という事は、無理続けても時間と体は増えないし、上のオッチャン連中は本来は現場側でやるべき分を現場でやってくれるようにしてくれる目処も無い。肉体的にも精神的にもストレスという債務超過の状態でそのうち破綻する。自分の身は自分で守るしかない。

という事で↑の目標を立てた。そうすると結局は寝るまでにやること [1] を考えたら、どんなに遅くても21時には会社を出ないと1時までには就寝できない。残業前提の無理な仕事もそれに合わせてスケジュールするようにせねば。最終目標は残業無しで定時に帰る!仕事のやり方 [2] も変えて行かなきゃアカンな。

[1]飯食って、洗い物して、流しを掃除して、風呂入って、家計簿つける、という最低限やるべき事。
[2]依頼の受け方とも言う。