寝ているはずなのに寝不足。

うーん、何でだか。ちょうど90分サイクルの睡眠の3時間のときのちょっとした刺激 [1] で目が覚める。昼間に多いのは、電話やPHSへのメールの着心音。さっきはお袋からの電話で目が醒めた。気を掛けてくれるのはありがたいのだが、こう三時間を越える睡眠が取れないのが続いて、ちょっとイラッときた。夜は夜で、三時間位で勝手に目が覚める。平日、睡眠時間が三時間で大丈夫だと思っていたのは、”3時間で大丈夫”ということではなくて、”3時間しか寝られない”ということだったのか? これって、いわゆる睡眠障害って奴だろうか…。

ただ、三時間で目が覚めるメリットもある。インフルを発症してから、寝始めると、ものすごい量の汗をかく。Tシャツなんか搾ったら汗が出てくる。普段寝間着&部屋着の作務衣は汗を吸うと乾かないので3着くらい代えてから、高校のときの部活 [2] で購入した、撥水性、通気性に優れたジャージに代えた。シャツと作務衣とトランクスを代えていたら洗濯機が一杯になっていたので、現在洗濯中。自動洗濯機って、こういう時、便利だなぁ…。

[1]主に音
[2]水泳部でした