ThinkPad T470sに乗り換え

長らく愛用していた、MacBookPro 8,2 15”(2011年モデル)のビデオカードの故障で起動できなくなってしまったので、ThinkPad T470sに乗り換えました。

試行錯誤

利用していたら突然、ディスプレイがピンクがかって、横線のノイズが入って、OS Xが落ちるようになってしまったので、とりあえず自分で試せる方法を試してみました。 SMCのリセット、NVRAMのリセットも効かず。DVDやネットワーク経由でのOS Xの再インストールも起動せず。唯一実行可能なApple Hadware Testを実行しても異常なしで、どうにもならならず。という状況でしたので、Appleサポートに申し込んだらすぐ折り返しで電話がかかってきて試したことをすべて伝えた上で、念の為サポートから提案された方法も試した方法も結局ダメだったので、症状からすると、ビデオカードの故障でしょう、という結論に。サポートも終了してしまったモデルなので、有料でも修理対応はできない、ということで、修理を行っている業者を探してみてください、ということに。

ネットで検索して、いくつか聞いてみたところ、修理は可能でも見積もり金額が約8万円超えるので、これはちょっと割に合わないなぁということで、修理自体は断念しました。

ThinkPad T470sを購入

自分の小遣いで買い替えとなるとキツイので、家の予算から捻出できるようにするため、Microtsoft Officeのライセンスも購入し、妻との共用にするという条件でThinkPad T470sを購入しました。

おまめ一号が産まれる前から諸々の理由で専業主婦になった妻が、社会人復帰するのに、Officeを使いたいと言っていて、それだけのためにWindows PCを購入するのはもったいないなと思っていたので、それに乗っかりました。

久々のWindows PCを購入するにあたり、まぁもうThinkPad以外はないなぁと思っていたので、メモリ24GB、SSD 500GB、英語キーボードに変更し、ハードウェア保証を3年に延長し、Officeのライセンスをつけて18万5千円弱だったので、MacBook Proに比べるとかなりお得な感じでした。

VirtulBoxでSidを使うだけではあるものの

前述の通り妻との共用なのでWindowsを消せないので、今回もVirtualBoxでSidを使うようにしました。 といはいえ、Webブラウザ程度は使うので、いくつか設定を変更しています。

まずは英語キーボードですが、Windowsは日本語モードにしているので、キーマップが微妙に異なるため、キーボードのデバイスドライバを標準 PS 101/102キーボードに変更し、ハードウェアキーボードレイアウトも101/102キーに変更、IMEの切り替えはshift+spaceで切り替えられるようにしています。

もう一つは、VirtualBoxの起動、スナップショットを取得するために、シェルスクリプトを使っていましたが、これをPowerShellに書き換えました。これはまた後日。

My daughter began playing Scratch on Debian

先日、こんな tweet をしました。

昨夜、おまめ一号が私のMacBook Pro を時々覗き込みながら何か描いているなと思ってたら「パパと同じパソコン作ってるの」と。 誕生くらいでデビューだ!と妄想したが早すぎて保留にしていたDebian デビュー、そろそろ頃合いかも。古いMacBookにSidインストールするか。

ということで、おまめ一号に使っていない古いMacBookを与えてみました。

../../../_images/omame-20170326_01.jpg

testing 用のCDイメージ を CD-RWに書き込み、グラフィカルモードでおまめ一号と一緒にインストールをしました。といってもおまめ一号にやらせたのは、

  • Enterキーを押す
  • 自分のユーザー名の設定
  • パスワードの設定

くらいですが。

インストールに関する余談

今回、おまめ一号にあげた MacBookは、Jessieがまだ次期stable だったときにSid化していたので、クリーンインストールする前にアップグレードを試してみました。

APT Lineを unstable から jessieに変更し、stableとして一度 update, dist-upgradeし、testing, unstableとステップ踏んでアップグレードしてみたのですが、途中余計なパッケージをお掃除しながらやっていたのもあったせいか、Xは起動しないは、systemd-fsckがコケるので起動時にメンテナンスモードに入ってしまう、という問題がありました。

なので、結局クリーンインストールで逃げました。Palm Pre用にPalm SDKをインストールしていて、このパッケージの依存関係が壊れてアンインストールできなくなったり、私が使っていたデータが残っていたりするので、子供に遊ばせるにはどのみちクリーンインストールの方が都合がいいので。

すでにメンテナンスされていない rEFIt から LILO 経由で Debianを bootしていたので、 rEFInd にしたほうが良いかなぁと思ったものの、そのままインストールして、特に問題なかったのでそのまま rEFItを使っています。

インストールに関する備忘録

次回やるときにまた忘れそうな箇所のメモ

  • Broadcomの無線LANのファームウェアは Debianインストーラーには含まれていないのでとりあえず無視
  • Disk Partitioning で、boot (/dev/sda3) は、EFI boot パーティショニングになっていたので、 ext3ファイルシステムに、マウントポイント
  • GRUBのインストールは /dev/sda3に指定、EFIリカバリディスクはチェック入れておいたけど、まぁとりあえず今回は関係ないかな
  • nVidia絡みは最新のDebianインストーラーだと、とくに設定不要でXを起動できる(楽になったもんだ)

Scratchインストールして遊ばせてみた

デスクトップ環境は私と同じ Awesomeにしようかな、と思ったけどやめておいてMATEにしました。ログイン後が若干もっさりしている感じはあるもののまぁ子供に使わせるには良さげ。 DebianパッケージでScratchをインストールをインストールした後、遊ばせる前に以下を教えました。

  • 電源アダプターの接続、RJ-45ポートにイーサネットケーブルを接続
  • 電源の入れ方
  • ログイン方法(インストール時に自分でユーザー名、パスワードを設定させたのはこのため)
  • Scratchの起動方法
  • Scratchでのプロジェクトの保存方法
  • Scratchの終了方法
  • 画面ロック方法(おまめ二号が勝手にいじるのを防ぐため)
  • 画面ロックの解除方法
  • シャットダウン方法
  • 片付け方
  • やってはいけないこと(物理的に壊すこと)

セキュリティに関することは追々教える感じですかね。

私自身がScratchを使ったことがないので、最初は一緒にちょっと操作方法を見て、あとは勝手に遊ばせてみたのですが、どこから見つけるのかちょっとテンプレートの画像を開いて勝手に遊んでいて、子供はすごいなぁと思いました(小並感)

../../../_images/omame-20170326_02.jpg

Aspiration of the 2017

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今回の年末年始の休みは割と予定通り以上に家事等をこなせました。良かった良かった。 しかし悲報。明日から仕事です。マンションのシャトルバスも明日はまだ休みなのに。シクシク。

今年の抱負

昨年末の振り返りでも書きましたが、大病こそしなかったものの体調崩したり、仕事の比率が高くなって家庭に悪影響を及ぼしてしまったことなどがありました。今春、おまめ二号が幼稚園入園し、一号二号とも幼稚園でこれからいよいよ元気真っ盛りです。一方自分や妻の体力的な回復はますます遅くなってきています。20代の頃と違って、一時的に無理をすると、そのいっときは良いのですが、その後の回復に時間がかかります。長期的に見ると非常に無駄です。家庭も仕事もプライベートも一定のペースで継続することがますます重要だと感じています。恒常的に成果を出しつづけるのは、一時の頑張りで成果を出すよりも難しいものですし。

ということで、公私とも恒常的に成果を出していくために、「 無理しない。体調を崩さない。適度に体力増進に努める 」を抱負にします。

(KP)T

目標としては昨年末に振り返りをしたKP(T)を踏まえてのTryとして挙げてみます。

  • 8時間睡眠および朝型生活の維持
  • 残業しない
    • 気づくとつい30分〜1時間くらい残業してしまうことがあるので、これは本当に気をつけないと
  • 英語の学習再開、継続
    • 先日のMini Debian Conference Japan 2016の運営で、このままではあかん、と思いました
    • 前職ではまだ同じチームに英語で話をする外国人の同僚がいたのですが、今は全く使わないので本当にまずい
  • プライベートでのコーディングの時間確保のやり方を変える
    • フリーソフトウェアのコーディングに費やす時間は、以前は30分ないし1時間単位で確保していました。が、これを10分単位で確保し、その単位で手を動かせるように変えてみることにします
    • 今までMacBook Pro 15’を使っていましたが、これも携帯性を重視したものに変更しようかなぁ。職場のPCと2台持ち歩くのはしんどいし。
    • メンテナンスしているDebianパッケージ以外で、自分がよく使っているソフトウェアでも、お手伝いする時間を作ってみようかなと、今回の年末年始のお休みでちょっと思ったり
  • Debian JP Projectのサーバー移行の残作業
    • やらんとなぁ…

Review the 2016

昨日で(在宅勤務でしたが)仕事納めでした。短いですが今日から休みです。年末年始ってやること多くて休んだ気にならないのが悩みの種です。

さて、恒例ですが今年の振り返りをしてみました。

2016年の抱負はこちら。 Aspiration of the 2016

今年の抱負は実現できましたか?

今年の抱負は「家族皆健康第一、短い時間できっちり成果出す」でした。

私自身の健康

私は昨年よりあまり病院行っていないような気がしていたのですが、家計簿見たら、季節の変わり目に体調崩したり、持病が悪化したりして、通院したりで、 掛かった 医療費は昨年とあまり変わりません でした。

生活習慣としては次の二点を変えました。 眼鏡を常用するようになった こと、食事だけでなく 睡眠時の姿勢を気をつけるようになった こと。

もともと視力は両目で0.7はあったので、運転時以外の普段は眼鏡を掛けていなかったのですが、乱視があるなら常用した方が良いと指導されました。このおかげで、 夕方になると酷くなっていた緊張性頭痛や、偏頭痛がほとんどなりました 。もっと早くから眼鏡掛けていれば良かったですね。

後者は3,4年前からある持病が時々酷くなり、その都度通院して服薬する、という状況なのですが、 睡眠時の姿勢を気をつけることで、だいぶ体調が良くなりました

家族の健康

家族では、というと は年末に感染症胃腸炎で寝込み、 長女のおまめ一号 は今年も幼稚園の運動会のときに風邪を引いて参加できませんでしたが、それ以外は 概ね良好 でした。

次女のおまめ二号 は、昨年見つかった病気の治療は終わり、それによる症状は中程度から軽度に改善しました。一方、そのうち出るかもしれないと言われていた別の症状が年明けすぐくらいに見つかりました。これは毎日服薬することで症状は治まっています。もう一つ、昨年くらいからもしかして?と思っていた別の症状が年末に確定したものの、恒常性ではないので現時点では様子見で良さそうです。子供(特におまめ二号)はいろいろあり大変ですね。

そして、もう一匹の家族である、 こまめ 。2月に 胆管炎 で2ヶ月ほど自宅で点滴治療を行い、そして11月末にまた 嘔吐症から胆管炎と膵炎を発症 し、1ヶ月弱ほど点滴治療を行っていました。主治医によると、シャルトリューという猫種自体が、この病気が多いそうです。

短い時間で成果を出す

「短い時間」というのは基準が曖昧で、評価しづらいなぁと振り返ってみて反省。「決めた予定以内で」と読み替えてみると、仕事では概ね予定どおりに成果出せていたかなぁと思います。

昨年11月に転職してから職場にも慣れたこと、同じチームの同僚のコードを見たりコードレビューを受けたりでRubyやRailsにもだいぶ慣れたことが大きいですね。

一方、特に6〜10月で仕事で多忙だったのでプライベートで使える時間が減ってしまって、特に家庭内で問題が増えてしまって悩ましい状態でした。今はちょっと改善傾向です。

KP(T)

Keep

  • 7-16時勤務の朝型生活は維持
  • 睡眠時間を増やして体調は改善傾向
  • 仕事面は割と順調
    • しかしバランスは難しい
  • 「妻と一緒に娘のことで悩んだり決断したことを、なんらかの形にする」は達成
    • 無理のない形で継続できています
  • Debian JP Projectのメーリングリストの移行完了
    • お手伝い頂いた皆様ありがとうございました
  • Mini Debian Conference 2016 開催
    • 私自身は運営としてあまり活動できませんでしたが、開催できてよかったですね
  • 今年もふるさと納税した
    • 控除金額上限の計算は割と面倒ですねぇ

Problem

  • 睡眠時間を増やした代わりに自分の時間が減って、毎朝コーディングができなくなってしまった
  • 家計簿は相変わらず時間かかる(処理を溜めると特に)
  • 仕事の比率増えて、全体のバランス悪くなっている
    • 自分に余裕がなくなると悪化する、というのは分かっていたのに一定に保てませんでした
  • Tryで立てたことは、娘のこと以外はほとんどできなかった

Try

これは年明けの「新年の抱負」で書きます。

まとめ

今年も良いことも悪いこともいろいろありましたが、良い年を迎えられそうです。 年賀状の印刷と大掃除がまだ残っている ので、やりきって新年を迎えるぞ!

ということで、良いお年を。

Updates for TeX Live 2016

年々準備が遅くなっている年賀状ですが、ようやく来年の年賀状を書くか、と重い腰を上げ、 出す枚数を確定し年賀状を購入してきました。

ページサイズがおかしい問題に遭遇

毎年、年賀状印刷で最初にやることは、 宛名印刷用のPDFの生成ツール の動作確認です。更新したCSVから、TeXファイル経由でPDFを生成しているのですが、指定したページサイズが効かずにA4サイズになってしまう、という問題に遭遇しました。

年賀状なので、下記のように100mm × 148mmにしているのですが、これが正常に機能しません。

\documentclass[12pt]{jarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{verbatim}
\usepackage{plext}
\pagestyle{empty}
\setlength{\textwidth}{100truemm}
\setlength{\hoffset}{0in}
\setlength{\voffset}{0truemm}
\setlength{\headheight}{0truemm}
\setlength{\headsep}{0truemm}
\setlength{\oddsidemargin}{0truemm}
\setlength{\textheight}{148truemm}
\setlength{\topmargin}{0truemm}
\advance\oddsidemargin -1in
\advance\topmargin -1in
\setlength{\footskip}{0truemm}
\begin{document}
\setlength{\unitlength}{1truemm}

{{#address}}

\begin{picture}(100,148)(0,0)

dvipdfmx.defの変更が原因だった模様

TeX Live 2016にしたらページサイズがおかしくなります 」から、 こちらのスレッド を確認し、下記のように [dvipdfmx] オプションを [nosetpagesize] オプションに変更することで解消できました。

diff --git a/template/address.mustache b/template/address.mustache
index 513ee90..948eb3c 100644
--- a/template/address.mustache
+++ b/template/address.mustache
@@ -1,5 +1,5 @@
 <U+FEFF>\documentclass[12pt]{jarticle}
-\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
+\usepackage[nosetpagesize]{graphicx}
 \usepackage{verbatim}
 \usepackage{plext}
 \pagestyle{empty}

ということで

年賀状作成するぞ。